メンズ

生半可な対策は効果なし|徹底的に鳩被害を防ぐなら専門業者に依頼

発見したときの行動と対処

シロアリ

発見したときの対処法

キイロスズメバチは都市部によく見られるスズメバチの1種です。非常に攻撃性が強いので、巣を発見しても近づかないでください。なるべく距離を保って本当にキイロスズメバチの巣なのか確認しましょう。スズメバチの巣は一般的に球状の形をしています。表面は貝殻のような模様がしてありますので、見た目で判断することは可能です。たとえば、アシナガバチの巣は六角形ですし、スズメバチの巣よりも小さいです。キイロスズメバチの巣の大きさはスズメバチの中でも最大ですので、見たらすぐにわかります。それから、巣を発見した後は近くにハチがいないかを確認します。周辺にハチが見えない場合はすでに巣立っている可能性があります。この場合は専門業者に連絡しなくても自分で駆除しやすいです。

水鉄砲の使用

キイロスズメバチはせっかく巣を作っても巣の引越しをする習性があるため、12月頃になると巣立っていきます。そのため、巣を発見しても空であることが多いです。しかしながら、もし周辺にハチが飛んでいたら巣の中にはハチが存在している可能性が大きいです。このような場合は駆除する必要があります。その方法はしっかりと防護服で体を守って、遠距離からの駆除剤をかけることが一般的な方法です。この際使用する道具は水鉄砲が良いでしょう。駆除剤と水を25:1の割合で混ぜたものを水鉄砲に入れて巣に満遍なくかけます。これを数日続けると全滅します。それはなぜかというと、ハチは巣が塗れることを嫌うため、自分で水分を吸い取る習性があるからです。こうして全滅した後は巣を袋に入れて駆除は終わりになります。